1.サンディングシーラーの塗布  2.上部塗装のためのマスキング  3.下地として白色塗装


4.蛍光レッドの塗装         5.上部塗装完了          6.下部塗装

    
7.更にエポキシコーティング処理   8.白色ラッカー、サンディングシーラー、蛍光スプレー
                          ウレタンコーティング、ウッドパテ、エポキシコーティング


 ちょっと 一言!

塗装工程は大変楽しいもので、自分の好きな配色が楽しめます。しかし、この仕上げの良し悪しによって、
'浮き’そのものの美しさが左右されてしまいます。
それでは、塗装する時のポイントを挙げておきましょう。
1)下地をウッドパテで凹みを修正しサンディングシーラーを塗布して、丁寧に処理しておく。
2)蛍光塗料を塗付するためには、白色ラッカーで、下地塗装しておくと蛍光色が映えます
3)スプレー塗装はノズルを「浮き」から約16〜17cm程離し、一定速度でゆっくりと左右に動かしながら塗付する事が
肝心です。
又、一回で厚塗りせず2〜3回に分けて塗り重ねると塗料が垂れずに綺麗に仕上がります。


  は「Photo Gallery」です