浮き工房’s Shop

(ご注意:このShopを印刷する場合は、”すべてのフレームを個々に印刷”を選択してください。)


浮きづくりを始めようとした時、壁にぶつかってしまうのが旋盤機の問題です。

浮きづくりは、円柱木を回転させながら刃物をそっとあてて、好きな形に削り込んで行くという極めて作業としては簡単なものです。
ですから、電動モーターとかボール盤とか電気ドリルをちょっと改造して、作って見ようかとやってみる訳ですが、意外と難しくてなかなか上手く行きません。
取り付けた材料が大きくブレてしまったり、回転させるための中心軸が空回りしたりで、全く削りどころではない苦い経験をなさった方も多いのではないかと思います。
  
そんな私も、失敗の連続で、なんとか回転ブレを少なく出来たと思っても、削り上がった浮きは綺麗なシンメトリーにならず、妙に偏った形のものが出来上がってしまうという経験を何度かしています。これでは、浮きとしての感度も悪く、また遠投した場合には放物線に乗って飛ばず、蛇行してしまって飛距離が出ないという散々な結果でした。
そこで今回、今までのこんな経験を含め、釣り仲間のいろいろなアイディアを入れた浮きづくり用の旋盤機"つり吉゛を釣り仲間で作り上げて来ました。
浮きづくりも、硬質発泡、かや,桐、バルサ、黒檀等々の材料を使ってフカセ用、カゴ用、遠投用など、いろいろな種類のものがあります。全てを満足させた旋盤機にはなっていないと思いますが、海釣り用としてはかなりの範囲で応用できるものだと私共、勝手に自負しています。 ハイ!^^

浮きづくりの楽しさを十分に支援できる旋盤機として、我々の釣りグループだけでなく、「手づくり浮き」を愛する釣り人に少しでもお力になったらと思い、敢えてこのHPで詳細に報告させて頂いています。